読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マミヤRZ67好きのブログ

マミヤRZ67を買ってしまった、愚かな大人のブログです。フィルムカメラ好きでもあります。

これで露出もバッチリ! イヤ待て! これは孔明の罠だ!

露出 とむひと RZ67 セコニック L-478D スポット測光

最近のデジカメは、

露出計が内蔵されているので、

被写体にピントを合わせたら、

アンダーなのか、

オーバーなのかが、

わかるんだよね。

 

わかるっていうか、

勝手にカメラが設定を

変更してくれるっていうか。

 

優先モードで撮っていれば、

わかりやすいかな?

自動的にシャッタースピードだったり、

絞り値が変わるよね?

 

 

 

RZ67には……

 

 

そんな機能あるわけねーだろ!www

 

 

RZ67で写真を撮るには、

絞りもシャッタースピード

自分で考えて

撮るしかないんだよ!w

 

 

 

ということで、

露出計が必要なんです!

 

 

 

しかもスポット測光ができる露出計ね。

 

 

じゃじゃーん。

 

 

f:id:tomjin2k:20160110015705j:plain

 

 

 

セコニック ライトマスタープロ L-478D

 

をゲットしましたー。

 

 

 

 

はいー。でもこれ罠-。

 

 

 

露出計ってそもそも、

モデルさんの顔の前や、

撮りたい物の前にかざして

ピッて明るさを計ったりするわけですよ。

 

オイラの場合、

RZ67でモデル撮影や物撮りだけ

したいわけじゃないんです……。

 

 

風景撮りたい場合、

ピントを合わせる

被写体がある場所まで移動して

露出計で計って……て

できない場所あるよね!

 

 

たとえば、

対面に立っているビルの5階辺りの

壁を撮りたいとか!

 

滝壺の辺りを撮りたいとか!

 

 

 

そんなところ、計りに行けない!

 

 

露出計によっては、

そういうときのために、

スポット測光できるモデルがあるんです。

 

 

スポット測光ってのは、

ファインダーを覗いて、

ターゲットマーカーの部分の

露出を計る機能ね。

 

簡単に言うと、

狙った場所の

露出がわかるんです!

 

 

 

 

で、話を戻しますよ。

 

セコニック ライトマスタープロ L-478D

 

 

これ……

スポット測光ができる

ビューファインダーが……

オプションでしたー。

 

 

Webページにも書いてますよね。

 

 

オプションのビューファインダー5゚を使用すれば受光角5゚のスポット測光に対応することができます。

 

 

ぐぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。

 

 

 

ということで、

しかたねーから

買ったよ!

 

f:id:tomjin2k:20160110021509j:plain

 

 

 

付けたよ!

 

 

f:id:tomjin2k:20160110021639j:plain

 

 

 

 

使ったよ!

 

 

f:id:tomjin2k:20160110021734j:plain

 

 

こんな感じで、

ファィンダーでターゲットを狙って

測定ボタンを押すと、

シャッタースピードが表示されるんですねぇ。

 

 

f:id:tomjin2k:20160110022121j:plain

 

 

 

ファインダーには、

丸いターゲット枠と中心点が見えるので、

そこに被写体を入れこむ感じ。

 

 

 

この液晶画面だと、

F値は4.0

ISO400のフィルム

という設定で、

シャッタースピード

25分の1で適正露出ですよってこと。

 

 

もちろん設定を変更すれば、 

シャッタースピード優先とか

ISO優先なんてこともできますよ。

 

 

 

詳しい機能は公式Webで確認してね。

 

 

 

 

あー、スポット測光の詳しい内容は、

かわいいお姉ちゃんが説明してくれます!

 

 

 

 

お姉さん! 付き合ってください!

あ、関係ないな!

 

 

まあ、よくわかるビデオなので、

一度見といたほうがいいですよー。

 

 

 

 

 

 

(とむひと)