読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マミヤRZ67好きのブログ

マミヤRZ67を買ってしまった、愚かな大人のブログです。フィルムカメラ好きでもあります。

子供の写真はLightroomがないと管理できない状態に

子供の写真は撮り過ぎてもいいんじゃないか? 

 

子供の写真は毎日撮っていると膨大な量になります。

先日書いた記事のように、生まれてからずっと

撮りまくっているので、2歳にして8万枚以上は撮っているみたいです。

 

tomjin2k.hatenablog.com

 

わかりづらいかもしれませんが、

下の写真はLightroomのフォルダー管理画面。

 

f:id:tomjin2k:20161120020830j:plain

 

うちの子は2014年の11月生まれなので、

2015と2016のフォルダーはたいてい子供の写真。

もちろん仕事の写真もあるけど、毎日撮影仕事はないので、

そこまで多くないはず。

2015のフォルダーがふたつと、2016のフォルダーがふたつ。

これだけで……8万7541枚。

仕事の写真を除いたら7万枚くらいかな?

これに2014年の11月と12月の写真点数を足すと、

7万枚強って感じですかね。

 

ということは……1日平均100枚くらいは撮影しているって感じでしょうか。

平日は、朝起きてから保育園に連れて行くまでと、

保育園から帰ってきてから就寝まで。

土日、祝日は朝から夜まで。

何かしら撮影しています。

 

で、このRAWファイルを毎日現像して、

JPGデータに吐き出して、Googleフォトにアップロードするんですね。

動画データもGoogleフォトにアップします。

そうすると、毎日の成長がいつでも見られますし、

Googleフォトが勝手に去年の娘の写真を見せてきたり、

いいシーンだと思われる写真を寄せ集めてアルバムを

作ってくれたりするんですよ。

 

で、見出しにも書きましたが、子供の写真は撮りすぎてもいいんじゃないかなと。

今の寄せ集めアルバムは、少々ダメなところもあり、

「こんなシーンはいらないなぁ」と思うものもあります。

ですが、これからAI技術の進歩で、もっとGoogleフォトのエンジンが

優秀になれば、自動的に判断して、今よりもっと素敵なシーンだけを集めた

アルバムを作ってくれると思うのです。

よいシーンを選択するために、たくさんの写真を撮り、ストーリーをAIに理解させる。

そうすれば、きっとよいアルバムが出来上がると思うのです。

人間がアルバムを作るときだって、前後の出来事を覚えていたり、

何の時に撮影した写真かを理解していないと

ベストショットの選別はしにくいじゃないですか。

そんな未来への思いもあり、ずっと写真を撮り続けています。

 

 

子供の写真はいつまで撮らせてもらえるのか?

f:id:tomjin2k:20161120024302j:plain

 

こんな撮影付けの毎日ですが、娘の写真なんて5歳くらいまでしか

撮れないのではないかと思っています。

本人が撮られることを嫌がるだろうなと。

 

理想としては、娘が物心ついたときに、

「自分が赤ちゃんのときはどんなだったろうか?」

と思ってくれれば、この撮りためた写真を見せてあげられればなと

思っています。

親ばかの極みだなと思いますが、しばらくは続けてみようかなと。

 

 

ぶっちゃけ、α7RIIで撮影しているので、

ムービー撮る場合は4Kで撮りたくなり、

スチルの場合は4200万画素のRAWデータで、

ハードディスクの空き容量がもりもり減っていくんですね。

早く10TBのハードディスクが2万円くらいの売価になって欲しいです……。

 

 

またまたオチなし。

 

 

(とむひと)