読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マミヤRZ67好きのブログ

マミヤRZ67を買ってしまった、愚かな大人のブログです。フィルムカメラ好きでもあります。

今更聞けない! マミヤRZ67の機種の違いについて!

マミヤRZ67の歴史はこんな感じ!

 

さてたまにはRZ67の話を書いておきましょう。

RZ67は見た目はほとんど同じでも世代が違う3機種が存在します。

知ってましたか?

 

まずは初代ですね。

RZ67 Professional(通称RZ67 Pro I)です。

1982年に発売されました。

 

f:id:tomjin2k:20170220182042j:plain

File:Mamiya RZ67 lens detail.jpg - Wikimedia Commons

 

これです。Mamiya RZ67のロゴの右下になにも書かれていないのが

初代ということになります。

 

次に2型となる

RZ67 Professional II (通称RZ67 Pro II)。

1993年に発売になりました。

 

f:id:tomjin2k:20170220182343j:plain

ウエストレベルファインダーが装着されていませんが、

右上部分にPRO IIと書かれているのが2型の証拠です。

さて1型と比べて何が変わったのか?

 

よく知りません!

 

すいません、ホントに知らないので、

Wikiで探してきました。

 

1/250秒から4秒の間で中間シャッター速度の設定可能となった。微動繰り出し機構の設置、縦位置撮影用フィルムカウンターを新設。さらにレンズシャッターの異常時・電池容量低下時の警告音追加、フィルムホルダーの機構への連動回転シャフト部分の連繋部を4点確保に改良しその他フィルム給送時の一層の安定化を図った。マミヤRB67用交換レンズも使用可能。

 

 

とのことです。

おそらく……

■シャッター速度がより細かく設定できるようになった!

■ファインダーを覗いた方向から見て右側にある、ピント送りのダイヤルが2段になって、大きくピントを送るダイヤルと、ちょっとずつピントを送るダイヤルのふたつになった。

■フィルムホルダーをレボルビングしたときに、縦位置でも横位置でもフィルムカウンターが見られるようにカウンター窓を2個にした。

f:id:tomjin2k:20151126013459j:plain

↑Sと表示されているのがカウンター窓。

 

 

 

■ファインダーを覗いたときに表示される3つのランプのひとつが、"引きふたを引いてなくてシャッターが下ろせないよ"みたいなときのシャッター異常の警告と、内蔵電池の容量がないよってときの警告灯になった。

f:id:tomjin2k:20160523232056j:plain

↑一番下の赤く点灯している警告灯が追加された。

 

■フィルムホルダーと本体の接続部分のツメが4点になった?

■マミヤRB67用レンズを使えるようになった

f:id:tomjin2k:20160523232031j:plain

シャッタースピードダイヤルにRBLとありますが、これはRB用のレンズを装着したときに使うとか。RBのレンズも持っていないし使ったことないのでよく知りません!

 

 

と言うことだと思います。

 

そして次に

RZ67 Professional IID (通称RZ67 Pro IID)。

2004年に発売されました。

 

f:id:tomjin2k:20151120024217j:plain

 

おいらの持っているRZ67ですね。

右上にPRO IIDの表示があります。

この機種はデジタルバック通信規格

[MSCE(Mamiya Serial Communication for External)]が

採用されたことで、マミヤZD Backが使えるようになりました。

デジタルでの撮影も可能ってことですね。

でも、RZ67 Pro IIDに取り付ける場合は、

別売のデジタルバックアダプター『HX701』が必要になります。

このHX701って、定価8万6100円です……。

高いよ!

 

そもそもマミヤZD Backってどんなんだよ?

と思っている方も多いと思うので、

調べてみました。

 

マミヤ、2,130万画素のデジタルバック「ZD Back」

 

デジカメウォッチさんの記事にありました。

 

要約すると、

 

■有効画素数2,130万のDalsa製CCDを搭載

■AD変換は14bit

■RAWデータへは12bitで記録

■最大記録解像度は5,328×4,000ピクセル

JPEG、RAW+JPEGでの記録も可能

■IRカットフィルターとローパスフィルターの交換が可能。(IRカットフィルターは標準装備、ローパスフィルターは別売)

■撮影感度はISO50~400

液晶モニターは1.8型

■CFスロット、SDメモリーカードスロット搭載

IEEE 1394インターフェイス装備

■電源はリチウムイオン充電池

■現像ソフト『Mamiya Digital Photo Stuido』が付属

 

 

うぅ、今となってはほとんど普通な感じに……。

 

 

ちなみに今買うならこのRZ67!

 

と、上記のように世の中には3つのRZ67が存在します。

皆さん中古で購入されるときの参考にでもしてください。

 

ちなみに買うなら

RZ67 Pro II以降を買う方がよいかと思います。

 

ではでは!

 

 

(とむひと)