読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マミヤRZ67好きのブログ

マミヤRZ67を買ってしまった、愚かな大人のブログです。フィルムカメラ好きでもあります。

懐かしいパッケージで涙出るよ! 「写ルンです」を買ったのを忘れていた……

110フィルム 写ルンです 135フィルム とむひと フィルム フジフィルム 写ルンです1600 Hi・Speed 写ルンです シンプルエース 水に強い写ルンです New Waterproof 110 Fukkatsu 写ルンです 30thアニバーサリー

■「写ルンです」はオッサンの心にきましたよ!

 

懐かしいアイテムを買ったのに、大放置していました。

発売30周年を記念した「写ルンです」が気になって

購入していたはいいものの、部屋の片隅に放置されているのを

つい先日見つけました……。

 

f:id:tomjin2k:20160821150440j:plain

 

じゃーん。

このパッケージ懐かしいでしょ?>おいらと同じオッサン連中の皆さん!w

 

 

これ、紙でできた懐かしのデザインのガワを自分で組み立てて、

現行の「写ルンです」に被せる仕様なんです。

 

youtu.be

 

 

これ、オマケでストラップが付いてます。

f:id:tomjin2k:20160821150915j:plain

 

かわいいっしょ!

ハート型と四角型があるみたいですが、ランダムで同梱されているみたいです。

 

こんな特設ページもできていますよ。

fujifilm.jp

 

 

■フィルムだって初代は違ったんだよ!

 

ちとマニアックな話ですが、

写ルンですの初代機は1986年に登場しました。

中のフィルムは110フィルムが使用されており、

35mmフィルムと呼ばれる135フィルムが使われていたのは、

2代目からなんですね。

 

f:id:tomjin2k:20160821152259j:plain

Wikiから頂戴してきちゃいましたが、こんなフィルムだったのです。

110フィルムは、今となっては大手フィルム製造メーカーが

生産中止してしまったので、手に入れるのは難しい代物です。

と言いたいところですが、

https://shop.lomography.com/jp/films/110-film

はい。買えるみたいです。
ロモグラフィーさんが復活させたんですね。

ほかにも

 


 

 


 

Fukkatsuというブランド名のフィルムもあります。

カラーもモノクロもあるので、必要な方はどうぞ。

て、そんなおらんかw 

 

 

机の中を漁ったら出てきた……。

f:id:tomjin2k:20160821152038j:plain

 

f:id:tomjin2k:20160821153253j:plain

 

使用期限が2000年10月とか……。

これ、もうあかんやろなぁ。冷蔵庫に入れてなかったし……。

まあいいや。

 

 

 

■今だからこそ「写ルンです」でバンバン撮影してみては?

 

皆さんは、デジカメとかスマホで撮影することに

慣れてしまっているかとは思いますが、

今改めて「写ルンです」を使って撮影すると楽しいですよ。

現像とプリントに出すまでどんな絵が撮れたのかわからないとか、

シャッターを押して、そのあとの巻き上げ動作とか、

なかなか最近では味わえない体験ができます。

子供さんがいるなら、昔はこうやって撮っていたんだよ

みたいなことを教えてあげるキッカケにもなりますよ。

 

ちなみに現行の「写ルンです」は、3機種あります。

 


 

 

これはブレに強いISO1600のフィルムが

内蔵されている「写ルンです1600 Hi・Speed」。

27枚撮りと、39枚撮りがあります。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

写ルンです シンプルエース27枚撮り
価格:580円(税込、送料別) (2016/8/21時点)


 

ISO400のフィルムが内蔵されたごく普通の「写ルンです」で、

写ルンです シンプルエース」というネーミングです 。

こちらも27枚撮りと、39枚撮りがあります。

 

そして、皆さんあまり馴染みが無いであろう

 


 

 

ウォータープルー仕様の「写ルンです」です。

「水に強い写ルンです New Waterproof」と名付けられています。

水の中での撮影を想定してか、ISO800のフィルム内蔵で、

少し高感度仕様ですね。

水深10メートルまで耐えられるそうですよ。

27枚撮りのみで、注意点はフラッシュがないこと。

なので、室内で撮影とか、暗いところでの撮影には向きません。

 

 

■フジフィルムはおいらに仕事くれるべき!w

なんだか、フジフィルムの回し者みたいな

ブログ内容になってしまいましたね。

おいらはフジフィルムには、なんの関係もありません。

フジフィルムさんがもっと紹介してくれーって言うなら、

いくらでも原稿書きますけどね。

そういうお仕事していましたし。

 

しっかし、チェキのフィルムに、ブローニーフィルムに、写ルンですに、

135フィルムにと、どんだけフジフィルムに貢献しているんだと

ちょっと考えさせられてしまいましたよ……。

 

こんだけ貢献してるからお仕事ください!w

 

(とむひと)